賃貸経営やマンション経営で安定の収入ゲット|土台となる知識で安定

不動産

入居者の募集はとても重要

マンション

募集方法も工夫を

どれほど魅力的な条件のアパートであっても、最初は入居者を募集して入居をしてもらわなければ賃料収入は得られません。しかしこの入居者募集でうまくいかずにアパート経営の失敗事例となる事が少なくないのが現状です。そのためアパート経営で失敗しないためには、過去の失敗事例を知った上で、入居者募集に関しても工夫を凝らすことが重要です。例えば具体的な失敗事例の原因の1つが、管理会社に募集を全て任せてしまったケースです。管理会社は1つのアパート物件だけに関わっているのではなく、他の物件の入居者募集もしています。そのため自分のアパートの入居者募集に関しては、募集方法を芳しくない場合は一般募集か専任募集のどちらかに切り替えるといった工夫も大切です。

資金繰りにも注意が必要

様々な理由でアパート経営には失敗の事例が起きていますが、その1つとして起こりがちな事が資金繰りの甘さによるものです。賃料収入の予測や、入居者の増減の予測などを見誤ったために、資金繰りが悪化して必要な補修作業が出来なかったり、管理会社へ支払う管理委託料が支払えないといったケースも起きています。またそうでなくても、入居者の減少によって賃料収入が落ちて、将来の人生設計も予測ができなくなったというケースもあります。アパート経営では資金繰りは非常に重要で、また注意をすべき点です。経営を始める前、あるいは始めた後も常に先々の予測を行い、周辺の賃料相場のチェックを定期的に行うなどして、資金繰り悪化は回避するように努めるべきです。