賃貸経営やマンション経営で安定の収入ゲット|土台となる知識で安定

不動産

年金に頼らない新たな手段

不動産

シニア世代の新たな収入源

日本では社会保障費が増えて財政問題が拡大しているために、将来の年金があてにならない状況が出てきています。そこで、自らの手で定期的な収入を確保するために、不動産経営を行う人が増えています。不動産経営ではアパートなどの建物を購入するために、ある程度の初期投資が必要となります。しかし、それ以後は入居者による家賃収入が毎月入ってくることになってきます。そのため、不動産経営はシニア世代などの新たな仕事として人気です。近年においては不動産投資に対する回収期間は10年程度となっていることから、アパートなどの建築10年目以降は家賃収入のほとんどが手元に残るようになってきます。したがって、シニア世代に年金に代わるものとして、不動産経営で十分に対応することが可能です。

個人で経営する際の注意点

個人で不動産経営を始める際には、いくつかの注意点が出てきます。まず不動産経営では、ロケーションの良い場所に不動産を持つことが挙げられます。不動産経営の最大のリスクは空室が多くなってしまうことです。そのため、できるだけ空室率を下げるために、入居の見込みが立ちやすい場所に住宅を建築することが重要となります。入居の見込める物件としては駅が近くにあったり、大学やショッピングモールが近くにあることなどがあります。次に不動産経営では、すべての管理や保守を自らの手を行う必要があることが挙げられます。不動産経営では入居者とのコミュニケーションが必要となったり、建物のあらゆる箇所の修繕を自らの手で行うことが多くなっています。